ウィンドウを洗う

ウインドーの汚れの中で最も困難な汚れは油膜で、一度ウインドーに付着してしまうと雨天時の視界が極度に悪化してしまい特に夜間は最悪です。
ウインドーの油膜を完全に取り除くためにはガラスコンパウンドを使用して削り落としてしまうのが一番、簡単にクリアな視界を取り戻すことができます。

ガラスコンパウンドで油膜取り

スプレー式ガラスクリーナーの中には強力タイプや油膜落としができるものもありますが、油膜取りの最も効果的な方法はガラスコンパウンドを使用する方法です。
様々な名称で販売されていますが、磨き粉で白い乳液状のものが多く、キッチン用のクリームタイプクレンザーに似ています。

磨き粉であるコンパウンドを使用して汚れを落とすことは、汚れを削り落とすことです。
ウインドーのガラス表面を削り落とすことになりますが、ミクロ単位となりますのでガラスが弱くなるようなことはありません。

ガラスは不変素材ではなく表面は温度変化や紫外線により劣化し、透明感は損なわれています。
ガラスコンパウンドで磨くことにより劣化した膜が取り除かれてクリアな状態を取り戻し、水を全く弾かなくなり水がしんなりと表面に染み込むようになります。
ただし、ガラスコンパウンドで磨くとガラス表面は汚れやすくなりますので、ガラス表面を守るためにケミカルワイパーなどでコーティングを行いましょう。

磨きスポンジにガラスコンパウンドを付けます。最初はスポンジ全面にコンパウンドを染み込ませましょう。

ウインドーにガラスコンパウンドを広げていきます。ガラスが少し曇る程度に薄く塗りましょう。

スポンジを縦→横→縦に動かしてガラスを磨きます。コンパウンドが乾燥してきたら少し水をスプレーする。

コンパウンドによる曇りがなくなれば磨きは完了。濡れタオルなどで残ったコンパウンドの粉を拭き取る。

水をかけて仕上がりを確認します。水を弾く部分があった場合はまだ汚れが残っています。

水を弾いた部分を再度磨きます。一度にウインドー全面を磨かず、スペースを区切って作業を行いましょう。

チェックポイント

油膜の除去ビフォーアフター


水をかけた直後の写真。写真上側が油膜を取っていない状態、下側がコンパウンドで油膜を取った状態。水をかけてみると水はけが全く違うのが分かる。この状態にした後に撥水処理をして水滴を玉状に弾く状態にしていきます。

ガラスコーティング剤で撥水処理

コーティングは雨天時の撥水効果だけでなく、油性汚れを付着しにくい状態にすることができます。
スティック状のものは先端のフエルト部分にしっかり薬剤を染み込ませて小さくストレートに動かしながら塗り込むと、ムラなくきれいに仕上がります。

容器を逆にして先端のフエルト部分をガラス面に当てます。容器を押して中の液剤をフエルトに染み込ませる。

液剤が垂れてきたら縦横と交互に丁寧に塗る。面積が広いフロントガラスは一度で塗るとムラが出るので反面ずつ行う。

ガラスの表面が白く濁って中が見えなくなったら、塗った部分が完全に乾燥するまで時間を置きます。

完全に乾燥したら、きれいなウエスで塗り込むように拭いていく。あまり力を入れすぎないように。

水をかけて撥水テスト。水をかけることで残った液剤も落ち、車内がはっきりと見えるくらい視界がよくなる。

塗れたウエスで表面に付着した液剤を拭き取ります。ガラス表面にムラのない薄い皮膜ができます。

仕上げの前に、ウインドー全体に再度水をかけます。別のきれいなウエスで水分を拭き取りましょう。

ワイパーを動かす際に、”はけムラ”ができないよう、ゴムの汚れもしっかりと拭き取っておく。

サイドミラーは油膜を落とした状態か撥水がいいかは好みが分かれるところ、どちらも試してみよう。

チェックポイント

撥水処理ビフォーアフター


水をかけた直後の写真。手前が撥水効果がでて水がコロコロと流れるのが分かる、処理前に比べて格段に水はけがよくなった。