自宅に洗車スーペースがない場合や手早く車を洗いたい場合に便利なのが洗車機ですが、洗車愛好家の方は避ける方も多いです。

「車にキズが付く!」や「手洗いほどきれいにならない」などと思われることも多い洗車機ですが、ホントのところはどうなのでしょうか?

洗車機との正しい付き合い方を学び、洗車機のメリットを利用しましょう。

洗車機は塗装面にキズをつける?

まず、洗車機は塗装面にキズをつけるのではないか?ということですが、この答えはイエスでもありノーでもあります。

そもそも洗車という行為自体が手洗いだろうが洗車機であろうが、塗装面にブラシが接触するため、全くキズがつかないということはありません。

手洗い洗車でも全くキズをつけることなく洗うことは不可能です。

洗車機は手洗い洗車と比較してキズがつくというわけではなく、逆に手洗い洗車の方法(力の入れ過ぎなど)によっては洗車機よりも手洗い洗車の方がキズがつくこともあります。

手洗い洗車の方法や知識によってキズがついたり、つかないことの差が大きくなりますが、洗車機は一定です。

間違った洗車方法でキズをつけてしまう手洗いより、洗車機の方が断然キズが少ないという事はおおいにあるはなしです。

下手な手洗いより最新の洗車機の方がボディにやさしい

一昔前の洗車機は塗装面に細かいキズをつけることが多く、機械洗車はボディにダメージを与えるという印象を否定できませんでした。

しかし、現在は洗車機の進化により、ブラシ全体が塗装面に与えるダメージは大きく軽減されているのです。その理由は、洗車ブラシの進化もありますが、ブラシのボディに当てる力や回転数など制御の高度化もあります。

また、キズをつける原因の一つにブラシに付着する汚れもありますが、現在の洗車機は一定の洗車後にブラシに付着した汚れを自動洗浄するなどキズを防ぐ工夫がされています。

洗い残しを予防する予備洗いが大切

車のデザインが複雑になり、車種によってはどうしても洗い残しが生じてしまう部分があります。

そこで洗車機の賢い利用方法としてオススメするのが、洗車機を使用する前に汚れが残りがちな部分を手動で洗っておく「予備洗い」です。

一般的に洗い残しが多い部分はホイールやドアミラー周辺、サイドモール、グランディング周辺など、凹凸が大きく細かい形状の部分です。事前にその部分を洗うことで、洗車後の仕上がりがよくなります。

ガソリンスタンドに併設されているセルフ洗車機の多くは、洗車開始前のスペースにブラシと水が揃えてあります。タイヤや無塗装の樹脂部品などはそれを使用して洗うことは可能ですが、塗装されているボディパネルは細かいキズの原因になるので絶対にNG。

ボディは必ずスポンジなどソフトなアイテムを持参して予備洗いを行いましょう。

洗車後の手間を省くブローの活用

洗車後の手間を省くためには迅速に拭き上げ作業を行うことも重要で、洗車機のブロー(洗車後に水滴を吹き飛ばす風)をどれだけ有効活用できるかがポイントです。

洗車機によってはオプションメニューでブローの回数を増やすことができるものあり、効率を重視する場合はブローの回数を増やすオプションの利用がおすすめ。

また、できるだけブローが効くよう、水滴が弾かれやすいボディを作ることもできます。コーティング剤やワックスの効いていない塗装面は水がベタッと張り付いて吹き飛びにくいため、コーティングやワックス掛けを行いしっかりと水を弾く状態にすることで迅速な洗車が可能です。

セルフ洗車機使用時に注意すること

ドアミラーは忘れずにたたむ

■画像

ドアミラーは必ずたたみましょう。たたみ忘れている場合に破損することもあり、ドアミラー周辺の洗い残しが増えます。

アンテナは取り外すかたたむ

■画像

ポールタイプのアンテナは破損予防のために取り外すかたたみましょう。シャークフィンアンテナやガラスプリントアンテナは取り外したりたたんだりする必要はありません。

リアワイパーは固定する

■画像

リアワイパーじは破損を防ぐため、先端をガムテープなどで固定しましょう。セルフ洗車機にガムテープが置いてあるところもあります。

洗車中はエンジンを切る

■画像

洗車機が稼働している間は必ずエンジンを切りましょう。洗車機に反応してオートワイパーが作動することもあります。/p>

ABOUTこの記事をかいた人

藤本マサミ

「カーコーティングの教科書」専属ライター。前職の車リペアショップ時代の知識を元に車関係の雑誌やサイトでライターの仕事をしています。