ボディに付いた細かい鉄粉を落とす方法

洗車後に塗装面をなでると、指先にザラザラとした感触が残っていることがあります。
汚れが落ちてきれいになったように見えても、塗装面にビッチタールやスプレーミスト、細かな金属粉などが塗装面に刺さっているためです。

金属粉はただ乗っているだけであれば洗車で簡単に落とすことができますが、熱や日光などで高温になり塗装面にめり込んだものはどんなにしっかり洗車をしても落とすことができません。

金属粉が付着したままコンパウンドがけやワックスがけをすると金属粉ごと塗装面をこすることになり、塗装面のザラつきがひどくなってしまいます。

さらに、この金属粉を放置すると酸化して錆びてしまい、塗装やボディの鉄板にめり込みます。この金属粉を取るためには、ネンドクリーニングが必要です。

ケミカルと用具の選定


ボディのザラつきは金属粉などの粒子状の汚れが原因、このザラつきを取るためにはネンド式クリーナーを使用しましょう。
ネンド式クリーナーを使用する際には水が必要です。
霧吹きが付属している商品もありますが、ない場合には霧吹きや水を入れたバケツを用意しましょう。

ザラつきの状態をチェック


最初に車の塗装面の状態を確認します。
丁寧に洗車後、ボンネットなどを素手で軽くなで、明らかなザラつきがある場合は金属粉が刺さっている可能性があります。

チェックポイント

セロハン越しで触るとわかりやすい


ザラつきをさらにはっきりと確認するためには、たばこの外装などのセロファンに指を当てて塗装面を触りましょう。セロファン越しに素手で感じる以上にザラつきがわかります。ただしキズがつかないように慎重に確認しましょう。

塗装面のコンディションを確認し、ネンド式クリーナーをかける必要があると判断したならば必ず洗車をしてからとりかかります。

ネンドを使いやすいよう平らにする


ネンドは気温が低いと硬くなりますので、よく揉み平らに伸ばします。ネンドの表面積を増やすことでより多くの金属粉を取ることができます。

作業部分には必ず水をかける


ボディの表面に霧吹きなどで水をかけます。
表面は乾燥しないように常に水をかけて濡らし、ネンドを滑りやすくして作業を進めましょう。

水をかけながらこする


水の潤滑性を利用して塗装面にネンドを滑らせるようにこすります。
少しでもネンドの引っ掛かりを感じた場合はすぐに霧吹きで水を吹きかけ、絶対に強くこすらないようにしましょう。

汚れ・鉄粉を練り込む


ネンドの表面に金属粉が付着して汚れが目立つようになった場合は、ネンドを折り込んで新しい面に変えます。
ネンドは一度に大きな面積ではなく、30~40cm四方程度のスペースに区切って作業しましょう。

触ってツルツルになれば作業完了


触ってザラつきがなくなれば水で流して作業完了です。地面に落としたネンドは付着したゴミで車をキズつけることもありますので必ず捨てる事。

チェックポイント

ザラつきがあればネンドケアを

塗装面にザラつきがあればネンドケアを行います。ボディの塗装面だけでなく、ドアミラーやバンパー、ヘッドライトレンズ、ウインドーガラスなどにも使用可能です。金属粉以外にも、ピッチタールや鳥のフン、虫、軽い水アカも除去することができます。

シャンプーと同時にネンド作業もできる

ネンドスポンジは簡単便利で効果抜群

一度丁寧にケミカルネンドをかけると、次回からは簡単で便利な方法があります。
スポンジにネンドを含ませ、シャンプー洗車と同時にネンドをかける方法です。
洗車とネンドかけを同時に行うことができ、定期的に洗車をする場合には車を守ることができます。
シャンプー用スポンジの片面に切り目を入れ、三分の一程度に切って薄く延ばしたネンドを切れ込みに挟み、後は普通にシャンプーをするだけです。
ネンドの硬さと汚れには注意し、汚れた面はこまめに折り込みます。
冬場はネンドがすぐに硬くなりますので、スペアのネンドをお湯に入れて交互に使用しましょう。

スポンジに切れ目を入れる

スポンジ片面に、深さ2センチ程度の長い切れ目を斜めに入れます。浅すぎる場合は作業中にネンドが飛び出してしまいますので注意しましょう。

ネンドの形を平たく整える

適度な柔らかさに準備したネンドを三分の一程度に切り、スポンジの切れ目の長さに平たく延ばして挟み込みます。

ネンドスポンジ完成

スポンジの切れ目からネンドが見える状態で使用します。ネンドの縁を使用しますので、硬さや汚れはこまめにチェックしましょう。

ネンドスポンジのシャンプーも基本通り


基本通りに力を入れることなくシャンプーを行うと、ネンドもかけることができます。
ただし、デコボコ部分や細かい部分は水をかけながらネンドのみで作業を行いましょう。

チェックポイント

汚れたら下回り用に

ネンドは汚れを内側に巻き込み使用していくと汚れていきますので、全体が変色してきたら下回り用に使用しましょう。
ボディの汚れ程度であれば、まだ下回りやホイールに使用することができます。
一度下回りに使用したり地面に落としたりしたネンドは付着したゴミでキズつけることもありますので絶対にボディには使用しないようにしましょう。

洗車ネンドの保存方法

キッチン用の密封容器が便利


ネンドは保存中も適度な湿り気が必要なため、保存はキッチン用密封容器が便利です。
砂やゴミが付着しないうよう使用後はすぐに容器に密封し、乾燥を避けて保存しましょう。
一般的にはネンド1個で1年間は使用可能ですが、汚れがひどい場合や乾燥してしまうと使用することができなくなります。
ネンドが保存中に乾燥しないよう、濡れたままで密封保存を行いましょう。
砂やホコリなどからも守ることができます。